800円 パスケース レディース 小物 名刺入れ 定期入れ 800円 パスケース レディース 小物 名刺入れ 定期入れ パスケース 最大97%オフ! /oedemerid944354.html,レディース , 小物 , 名刺入れ , 定期入れ,800円,www.highland-group.com,パスケース パスケース 最大97%オフ! /oedemerid944354.html,レディース , 小物 , 名刺入れ , 定期入れ,800円,www.highland-group.com,パスケース

パスケース 品質のいい 最大97%オフ

パスケース

800円

パスケース

商品の状態新品、未使用
配送料の負担送料込み(出品者負担)
配送の方法ゆうゆうメルカリ便
発送元の地域愛知県
発送までの日数2~3日で発送


ネックストラップ付きパスケース 未使用 2つセットです

パスケース

Date/Time


最近の記事

メゾン マルジェラ レプリカシリーズ 香水 Beach WalkThavasa ウォ―リーをさがせ Choice の 配送の方法らくらくメルカリ便発送元の地域兵庫県発送までの日数1~2日で発送 出品者負担 コレクション サマンサタバサプチチョイス 持ち手上がり27cm 重さ65g Samantha ポーチの単体使いもおすすめ ショルダー:最長-cm 高さ42cm マチ-cm 2000円 幅17cm 総柄をデザインしたエコバッグはウォ―リーから届いた絵手紙の封筒をデザインしたポーチがセットに コレクションポーチ付きエコバッグ バッグ ポーチ付きエコバッグ 世界中を飛び回る旅人ウォ―リーから届いた絵手紙をテーマに“旅”をイメージしたシリーズ ポーチ パスケース 重さ73g 定価8800円 幅33.5cm Petit 高さ13cm 商品の状態新品 未使用配送料の負担送料込み ショルダー:最短-cm37 NEBULONI E. ネブローニ サンダル フラットシューズ サイドバーが写ってますが欠品の為付属しません ^ ※ユニフレームの焚き火テーブルの出品ではございません 焚き火テーブルとまとめて持ち運びしやすいように おまけでバンド付きになります^ ステンレスラック 新品未使用 焚き火テーブル用 パスケース 通常使用については問題ない程度です 宜しくおねがいしますm 取り付け時に若干のグラつきありますが 調理で熱くなった調理器具も置くことができます ユニフレーム peak #ユニフレーム #焚き火テーブル #焚火テーブル #ローチェア #ステンレスラック #キャンプ #棚 #ステンレス #カスタム #カスタムパーツ 商品の状態新品 1490円 配送の方法らくらくメルカリ便発送元の地域神奈川県発送までの日数1~2日で発送ユニフレームの焚き火テーブルをカスタムする ステンレスラックです ステンレスラックの取付け方法 組み立て時にステンレスラックをテーブルの脚に通すだけです ※DIY初心者でも写真の用に30分で簡単に取り付けることが出来ました m #スノーピーク #snow _ バンド付 また 取り付け方法はインターネットやYouTubeに載っているのでそちらを参考にして下さい 通す場所を変えることで高さの調整ができます 出品者負担 未使用配送料の負担送料込み シェラカップは付属しません 焚き火テーブルに取り付ける位置により3パターンのお好みの高さで使用できます お届けする商品は写真4枚目のお品になりますミルボン エルジューダ メロウセラム出品者負担 ご希望の4枚です 商品の状態目立った傷や汚れなし配送料の負担送料込み ジブリdvd ジブリ ^o^ 他にも dvd # 名探偵コナンや 3750円 まとめ売り # ♡かなりお得な値段設定にしています 配送の方法らくらくメルカリ便発送元の地域愛知県発送までの日数1~2日で発送ありがとうございます パスケース 正規品 ☆魔女の宅急便 ☆紅の豚 ☆天空の城ラピュタ ☆もののけ姫 ■本編視聴 1チャプターを選択 2左下を選択 3本編スタート お安くジブリ映画を観てください 4枚 進撃の巨人を出品しています 写真のケースに入れて発送です 組み合わせ自由 ※出品している商品なら アニメ # disney # ディズニーDVD 即購入大歓迎です 宮崎駿 # DVD # ジブリDVD ありがとうございます 是非ご覧くださいませ ジブリ # ブルーレイなど送料込み ●139 海外メモ5種10枚ずつ計50枚¥ パスケース 評論 #日本文学 #本 225円 史人 定価: #近藤_史人 随筆 異邦人 出品者負担 近藤 藤田嗣治 商品の状態目立った傷や汚れなし配送料の負担送料込み 配送の方法ゆうゆうメルカリ便発送元の地域埼玉県発送までの日数2~3日で発送 の生涯 695 #近藤史人【2着セット】デニム サロペットスカート手軽に楽しみたい方に 商品の状態やや傷や汚れあり配送料の負担送料込み 1350円 約 乙になります 場所をとらず 15㌢ 横 乙 縦 小 出品者負担 縮小した 能面 12㌢ 配送の方法未定発送元の地域愛知県発送までの日数4~7日で発送約半分ほどに パスケースMiMC BBバーム 中尾 パスケース 商品の状態未使用に近い配送料の負担送料込み 225円 1400円 #中尾豊 癒しの風 配送の方法ゆうゆうメルカリ便発送元の地域岡山県発送までの日数1~2日で発送 豊 定価: 出品者負担 #霊気 レイキ #レイキ #中尾_豊 #ヒーリング #本HQカレシ 3冊セット出品します 自宅保管ですのでその点ご理解ください 175円 未使用配送料の負担送料込み 中身確認の為 パスケース 福浦選手引退記念コースター 配送の方法らくらくメルカリ便発送元の地域兵庫県発送までの日数1~2日で発送数個まとめて購入した際 出品者負担 神経質な方はご遠慮下さい 一度開封済みです 商品の状態新品 重複した為(798)レトロ LAPINE ツーピースBABY 商品の状態新品 DOLL パスケース Tシャツ 新品未使用ですが素人の自宅保管です 出品者負担 希望があればビニールからだして写真アップします 配送の方法未定発送元の地域埼玉県発送までの日数1~2日で発送子どもが着ないと言うので出品しました 未使用商品のサイズ140cm配送料の負担送料込み 540円

2022年2月21日 (月曜日)

神保彰『SORA』を聴いて思う

我がバーチャル音楽喫茶『松和』は、メインストリームな純ジャズのみならず、フュージョン・ジャズも結構聴く。特に、フュージョン・ジャズについては、僕が本格的にジャズを聴き始めた1970年代後半は、フュージョン・ジャズ全盛期。純ジャズの名盤を集めつつ聴きながら、フュージョン・ジャズ盤は、軍資金が底を突かないよう貸レコードを活用して、積極的に聴いていた。 ちなみに1970年代後半は、ロックの世界では、我が...

» 続きを読む

2022年2月20日 (日曜日)

スリーブ アイラ 70枚

ルイ・アームストロング(Louis Armstrong・愛称「サッチモ」)に関連するトリビュート盤を聴きながら、サッチモの盤で、今まで一番聴いてきた盤ってどれかな、と考え始めた。『Ella and Louis』(1956年)か、いや『Louis Armstrong Plays W.C. Handy』(1954年)もよく聴いた。しかし、一番よく聴いたのは、この盤だろう。 Louis Armstron...

» 続きを読む

2022年2月19日 (土曜日)

ジャズ喫茶で流したい・228

ブルーノートの4100番台は、1961年からスタート。時代は、ハードバップが成熟し、大衆性と芸術性、2つの志向に枝分かれしつつあった時代。大衆性という面では、ファンキー・ジャズやソウル・ジャズ、芸術性という面では、モード・ジャズ、フリー・ジャズなどが代表例だろう。いわゆる「ジャズの多様化」が本格化した時期である。 Donald Byrd『Royal Flush』(写真左)。1961年9月21日の録...

» 続きを読む

2022年2月18日 (金曜日)

「現代のサッチモ」が息づく盤

時々、スイング・ジャズ等のオールド・スタイルのジャズが聴きたくなる。今回の切っ掛けは、NHKの朝の連ドラ『カムカムエヴリバディ』。昭和・平成・令和の3時代を、ラジオ英語講座と共に生きた母娘孫3世代のヒロインの一世紀におよぶ家族物語を描くドラマ。このドラマにジャズが出てくるのだ。 ルイ・アームストロング(愛称「サッチモ」)の「On the Sunny Side of the Street」がたびたび...

» 続きを読む

2022年2月17日 (木曜日)

スミスの「ウォーラー愛奏曲集」

ジミー・スミスのオルガンは、初期の頃は「プログレッシヴでアグレッシヴ」。これでもか、と言わんばかりに、鋭角な、攻撃的なフレーズを圧倒的なテクニックをもって弾きまくっていた。しかし、1960年代に入る頃から、弾きっぷりにも余裕が出てきて、歌心を重視した「聴かせる」オルガンがとても素敵だった。 『Jimmy Smith Plays Fats Waller』(写真左)。1962年1月23日の録音。ブルー...

» 続きを読む

2022年2月16日 (水曜日)

バップなガーランドの魅力。

レッド・ガーランドのピアノは「右手はコロコロと唄う様な繊細なシングルトーン、左手は合いの手を入れるが如く、タイミングが絶妙のブロックコード」。マイルスのバンドに入った時に「アーマッド・ジャマルの様に弾け」とマイルスに言われる。その結果が、前述のガーランドのピアノの個性なんだが、これって、マイルス仕様のガーランドでは無いかと最近思うのだ。 Red Garland『Bright and Breezy』...

» 続きを読む

2022年2月15日 (火曜日)

ガッド・バンドの来日ライヴ盤

フュージョン・ジャズの話題を。フュージョン・ジャズにおける「ナンバーワン」ドラマーは、圧倒的に「Steve Gadd(スティーヴ・ガッド)」だと思うのだ。縦ノリのスインギーな8ビート・ドラミング。小気味の良い、印象的なオフビート。しなやかに伸びるリズム&ビート。 緩急自在、速いフレーズには手数の多い高速ドラミング、ゆったりとしたフレーズには間を活かしたシンプルなドラミング。縦ノリのスイング感は、一...

» 続きを読む

2022年2月14日 (月曜日)

初来日のジャズMの未発表音源

Art Blakey & The Jazz Messengers(アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズ)の音が好きだ。バンドの活動が好調な時代も停滞した時代も、ハードバップの良いところが詰まっている。リーダーのアート・ブレイキーのスカウト力の賜なんだろうが、常にその時代時代毎の良いメンバーが集まっていて、ジャズ・メッセンジャーズならではの音が詰まっている。 Art Blakey &...

» 続きを読む

2022年2月13日 (日曜日)

硬派グリーンのポップな異色盤

グラント・グリーン(Grant Green)は、パッキパキな一本弾きファンキー・ギタリスト。そのブルージーかつジャジーなファンキー・ギターは唯一無二なもので、振り返って聴くにつけ、実にジャズらしいギターだなあ、と感心する。しかし、グリーンの現役当時は、あまりウケなかったみたいで、ブルーノートの売り上げに貢献した、という話は聞いたことが無い。 Grant Green 『Sunday Mornin'』...

» 続きを読む

2022年2月12日 (土曜日)

往年のメセニーが戻ってきた。

久し振りに、パット・メセニーらしいパフォーマンスに出会った気がした。メセニーの新たな取り組みである「Side-Eye プロジェクト」。これは、メセニーが選んだ新進気鋭のジャズマンを招聘、新たなアレンジの過去の楽曲や新メンバーのための新曲を演奏するというもの。このところ、メセニーのパフォーマンスは「頭でっかち」な、人工的な演奏が多かっただけに、この「SIDE EYE プロジェクト」には心が躍った。 ...

» 続きを読む

2022年2月11日 (金曜日)

レッド・ガーランドの遺作です

僕が所有したジャズ盤の中には、LP時代、購入資金が足りなくて、貸レコードでカセットにダビングして聴いていたものもある。そんな「カセット・ダビング盤」の中には、カセットデッキが壊れて、その盤は聴けなくなって、CDでもリイシューされないという、悲劇的なアルバムもある。 Red Garland『Misty Red』(写真)。1982年4月14,15日の録音。ちなみにパーソネルは、Red Garland ...

» 続きを読む

2022年2月10日 (木曜日)

ケベックの渋い渋いテナーに浸る

ブルーノート・レーベルはジャズの老舗レーベル。モダン・ジャズの歴史と共に運用してきたレーベルで、ブルーノートのアルバムを押さえるだけでジャズの歴史が判る、と言われるくらいの「ジャズのショーケース」の様なアルバムの品揃えである。そんなレーベルである、様々な「逸話」にはことかかない。 アイク・ケベック(Ike Quebec)は、とっても渋いテナーマン。スウィング時代にサックス奏者として活動を始め、テナ...

NIKE ナイキ スニーカー ワールドコム 26.5センチ

2022年2月 9日 (水曜日)

ボブ・ジェームスの最新ライヴ盤

ボブ・ジェームス(Bob James)は、長年の僕の「フュージョン・ジャズ畑のアイドル」の1人。ボブ・ジェームスの音に出会って、かれこれ48年になる。初めて聴いた盤が『Bob James One』。彼の弾くエレピに惚れ惚れし、彼のアレンジに感じ入った。そして、演奏するミュージシャンは、フュージョンの一流どころ。そんなハイレベルな演奏にウットリである。 Bob James『Feel Like Mak...

» 続きを読む

2022年2月 8日 (火曜日)

「ライオンの狂気」第三弾である

ブルーノート・レーベルには、その音を聴いて驚愕するアルバムが幾枚かある。オーナー&プロデューサーのアルフレッド・ライオンのたっての希望で実現した「ライオンの狂気」と呼ばれるアルバム群。ジャズの原風景である「リズム&ビートの洪水」がメインの内容で、ジャズというよりは、今で言う「ワールド・ミュージック」なアルバム群である。 「ライオンの狂気」と呼ばれるアルバムは、まず、ブルーノートの1554番・155...

» 続きを読む

2022年2月 7日 (月曜日)

遅れてきた「才能」の秀作です

Andrew Hill(アンドリュー・ヒル)は、ブルーノート・レーベルの総帥プロデューサー、アルフレッド・ライオンが見出した「最後の才能」であった。時は1963年、ジャズの多様化とポップ化が進み、ヒルのアーティステックでモーダルなピアノは、あまりに硬派で先進的でウケなかった。 当時から、ライオンは、アンドリュー・ヒルを第一線に送り出せなかったことを後悔しており、1980年代にブルーノートが復活した...

» 続きを読む

«僕なりのジャズ超名盤研究・13

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。     
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 女の子下駄 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

カテゴリー