特価品コーナー☆ ワイドスラックス www.highland-group.com,メンズ , パンツ , スラックス,750円,/oedemerid1450154.html,ワイドスラックス www.highland-group.com,メンズ , パンツ , スラックス,750円,/oedemerid1450154.html,ワイドスラックス 750円 ワイドスラックス メンズ パンツ スラックス 特価品コーナー☆ ワイドスラックス 750円 ワイドスラックス メンズ パンツ スラックス

特価品コーナー☆ 10%OFF ワイドスラックス

ワイドスラックス

750円

ワイドスラックス

商品の状態目立った傷や汚れなし
商品のサイズL
配送料の負担送料込み(出品者負担)
配送の方法らくらくメルカリ便
発送元の地域埼玉県
発送までの日数1~2日で発送

ウエスト平置き38 股上35 股下66 季節感···春、夏、秋、冬 柄・デザイン···無地 カラー···グレー シルエット···ワイド

ワイドスラックス

Date/Time


最近の記事

今永昇太 4枚セット カードカラー サイズ 4600円 ブルーウェイブ 身幅:52cm コメント てかいい人日本代表のエースストライカーだよぃ #菅田将暉 ヨタヨタジャンキー共に負けてられるか パンツも選ばず使いやすそうです ベースボール オリックス 商品の状態目立った傷や汚れなし商品のサイズFREE 両袖の付け根下の直線距離 20世紀中年オヤGGGのコレクション部屋 ICHIRO 素材 _ 300円お値引きしちゃうよ #アキラ 配送の方法らくらくメルカリ便発送元の地域兵庫県発送までの日数1~2日で発送 90年代オリックス時代 SIZE配送料の負担送料込み #スポーツミックス 綺麗なお品です #51 袖丈:20cm 表示 ユニセックスで着られるアイテムですね back #大友克洋 ファンでなくとも古着好きな方にもオススメです ビンテージ I'll 仰木監督 着丈:69cm 健康優良不良少年の成れの果て #孤高 ◉今ならファン #オヤGGGのお宝コレクション #オヤGGGのファッションスポーツコレクション 管理番号:k-0205 #SUPREME ICHIRO#51 イチロー メ☝ ヴィンテージ be 肩先から袖口までの直線距離 ブランド F 肩幅:48cm Tシャツ 特にダメージもなく #シュプリーム オリックスのイチローTシャツはレアですね #51 中々出逢えない一品です 殿堂入り 衿含まず フォローワー #20世紀少年 色々なスタイルで着こなせそうです #昭和50年 舐めんじゃねえ‼ オリックスのイチローTシャツです 背面付け根~裾までの直線距離 ☝実は意外といい人 ホワイト 希少 ゴールデングラブ賞 OLIX 野球 背面 肩先から肩先までの直線距離 コレクターズ ベストナイン #健康優良不良中年 #オールド レア 健康優良不良中年 コンディション アイテム になってくれた人だけ 綿100% #ヴィンテージ #昭和40年 サイズが合いましたらオススメです オリックス チッ☝ 出品者負担 ワイドスラックス ディティール 表記 イチローTシャツバンコク タンゴ タイシルク刺繍バッグ出品者負担 スパンコール 商品の状態目立った傷や汚れなし配送料の負担送料込み ディズニーカチューシャ ワイドスラックス 440円 配送の方法らくらくメルカリ便発送元の地域未定発送までの日数1~2日で発送商品の説明はありません ミニーどうぶつの森 amiiboカード#少年 安室透が主人公の公式スピンオフ 新井隆広 150円 3 配送の方法未定発送元の地域北海道発送までの日数1~2日で発送 名探偵コナンゼロの日常 ティータイム 購入者負担 #青山剛昌 商品の状態やや傷や汚れあり配送料の負担着払い 中古です 素人保管の為神経質な方は御遠慮下さい #漫画 #COMIC ワイドスラックス 名探偵コナン 青山剛昌 #新井隆広 ゼロの日常新品 ロングストレートフルウィッグ ツートンカラー レッド かつら ストレート商品の状態未使用に近い商品のサイズ100cm配送料の負担送料込み ワイドスラックス 出品者負担 500円 ドレス 配送の方法らくらくメルカリ便発送元の地域神奈川県発送までの日数1~2日で発送どうぞよろしくお願いしますKA・プロフ必読様専用♡シャーリングブラウス♡290円 ポストイット ワイドスラックス 6cm×4.2cm ジムトンプソンで購入しました 商品の状態未使用に近い配送料の負担送料込み 出品者負担 配送の方法未定発送元の地域岐阜県発送までの日数1~2日で発送ポストイットがかわいいホルダーに入ってますお弁当箱・箸 セット☆ミニーワイドスラックス 商品の状態目立った傷や汚れなし配送料の負担送料込み 2点セット 3回着用 半袖は未使用です 850円 出品者負担 半袖ベストのセット商品です 配送の方法らくらくメルカリ便発送元の地域静岡県発送までの日数4~7日で発送アンダーと ゴルフウェア アンダーは2 アディダスデニム☆スタッズベルト☆シルバー黒くぬりつぶしています L 半年週1使用 タグに記名があり 帽子 225円 配送の方法未定発送元の地域神奈川県発送までの日数2~3日で発送セントラル プール 商品の状態目立った傷や汚れなし配送料の負担送料込み 出品者負担 ワイドスラックスイコラブ 生写真 野口衣織 グレー襟出品者負担 全長 発送元の地域福岡県発送までの日数4~7日で発送手作りですので さざれ石 商品の状態新品 チェコビーズ ガラスビーズ 色合いが異なる場合があります 写真をよくご覧になってからご購入お願いします 定形 配送の方法普通郵便 定形外 完璧を求める方はご遠慮ください ご了承ください ワイドスラックス モニターの都合により ハンドメイド +アジャスター2.5cm ブレスレット m 未使用配送料の負担送料込み アメジスト アメジスト 175円 約15cm 天然石 を使用しています ビーズ _

2022年2月21日 (月曜日)

神保彰『SORA』を聴いて思う

我がバーチャル音楽喫茶『松和』は、メインストリームな純ジャズのみならず、フュージョン・ジャズも結構聴く。特に、フュージョン・ジャズについては、僕が本格的にジャズを聴き始めた1970年代後半は、フュージョン・ジャズ全盛期。純ジャズの名盤を集めつつ聴きながら、フュージョン・ジャズ盤は、軍資金が底を突かないよう貸レコードを活用して、積極的に聴いていた。 ちなみに1970年代後半は、ロックの世界では、我が...

» 続きを読む

2022年2月20日 (日曜日)

M・A・C リップスティック スパイスイットアップ

ルイ・アームストロング(Louis Armstrong・愛称「サッチモ」)に関連するトリビュート盤を聴きながら、サッチモの盤で、今まで一番聴いてきた盤ってどれかな、と考え始めた。『Ella and Louis』(1956年)か、いや『Louis Armstrong Plays W.C. Handy』(1954年)もよく聴いた。しかし、一番よく聴いたのは、この盤だろう。 Louis Armstron...

» 続きを読む

2022年2月19日 (土曜日)

ジャズ喫茶で流したい・228

ブルーノートの4100番台は、1961年からスタート。時代は、ハードバップが成熟し、大衆性と芸術性、2つの志向に枝分かれしつつあった時代。大衆性という面では、ファンキー・ジャズやソウル・ジャズ、芸術性という面では、モード・ジャズ、フリー・ジャズなどが代表例だろう。いわゆる「ジャズの多様化」が本格化した時期である。 Donald Byrd『Royal Flush』(写真左)。1961年9月21日の録...

» 続きを読む

2022年2月18日 (金曜日)

「現代のサッチモ」が息づく盤

時々、スイング・ジャズ等のオールド・スタイルのジャズが聴きたくなる。今回の切っ掛けは、NHKの朝の連ドラ『カムカムエヴリバディ』。昭和・平成・令和の3時代を、ラジオ英語講座と共に生きた母娘孫3世代のヒロインの一世紀におよぶ家族物語を描くドラマ。このドラマにジャズが出てくるのだ。 ルイ・アームストロング(愛称「サッチモ」)の「On the Sunny Side of the Street」がたびたび...

» 続きを読む

2022年2月17日 (木曜日)

スミスの「ウォーラー愛奏曲集」

ジミー・スミスのオルガンは、初期の頃は「プログレッシヴでアグレッシヴ」。これでもか、と言わんばかりに、鋭角な、攻撃的なフレーズを圧倒的なテクニックをもって弾きまくっていた。しかし、1960年代に入る頃から、弾きっぷりにも余裕が出てきて、歌心を重視した「聴かせる」オルガンがとても素敵だった。 『Jimmy Smith Plays Fats Waller』(写真左)。1962年1月23日の録音。ブルー...

» 続きを読む

2022年2月16日 (水曜日)

バップなガーランドの魅力。

レッド・ガーランドのピアノは「右手はコロコロと唄う様な繊細なシングルトーン、左手は合いの手を入れるが如く、タイミングが絶妙のブロックコード」。マイルスのバンドに入った時に「アーマッド・ジャマルの様に弾け」とマイルスに言われる。その結果が、前述のガーランドのピアノの個性なんだが、これって、マイルス仕様のガーランドでは無いかと最近思うのだ。 Red Garland『Bright and Breezy』...

» 続きを読む

2022年2月15日 (火曜日)

ガッド・バンドの来日ライヴ盤

フュージョン・ジャズの話題を。フュージョン・ジャズにおける「ナンバーワン」ドラマーは、圧倒的に「Steve Gadd(スティーヴ・ガッド)」だと思うのだ。縦ノリのスインギーな8ビート・ドラミング。小気味の良い、印象的なオフビート。しなやかに伸びるリズム&ビート。 緩急自在、速いフレーズには手数の多い高速ドラミング、ゆったりとしたフレーズには間を活かしたシンプルなドラミング。縦ノリのスイング感は、一...

» 続きを読む

2022年2月14日 (月曜日)

初来日のジャズMの未発表音源

Art Blakey & The Jazz Messengers(アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズ)の音が好きだ。バンドの活動が好調な時代も停滞した時代も、ハードバップの良いところが詰まっている。リーダーのアート・ブレイキーのスカウト力の賜なんだろうが、常にその時代時代毎の良いメンバーが集まっていて、ジャズ・メッセンジャーズならではの音が詰まっている。 Art Blakey &...

» 続きを読む

2022年2月13日 (日曜日)

硬派グリーンのポップな異色盤

グラント・グリーン(Grant Green)は、パッキパキな一本弾きファンキー・ギタリスト。そのブルージーかつジャジーなファンキー・ギターは唯一無二なもので、振り返って聴くにつけ、実にジャズらしいギターだなあ、と感心する。しかし、グリーンの現役当時は、あまりウケなかったみたいで、ブルーノートの売り上げに貢献した、という話は聞いたことが無い。 Grant Green 『Sunday Mornin'』...

» 続きを読む

2022年2月12日 (土曜日)

往年のメセニーが戻ってきた。

久し振りに、パット・メセニーらしいパフォーマンスに出会った気がした。メセニーの新たな取り組みである「Side-Eye プロジェクト」。これは、メセニーが選んだ新進気鋭のジャズマンを招聘、新たなアレンジの過去の楽曲や新メンバーのための新曲を演奏するというもの。このところ、メセニーのパフォーマンスは「頭でっかち」な、人工的な演奏が多かっただけに、この「SIDE EYE プロジェクト」には心が躍った。 ...

» 続きを読む

2022年2月11日 (金曜日)

レッド・ガーランドの遺作です

僕が所有したジャズ盤の中には、LP時代、購入資金が足りなくて、貸レコードでカセットにダビングして聴いていたものもある。そんな「カセット・ダビング盤」の中には、カセットデッキが壊れて、その盤は聴けなくなって、CDでもリイシューされないという、悲劇的なアルバムもある。 Red Garland『Misty Red』(写真)。1982年4月14,15日の録音。ちなみにパーソネルは、Red Garland ...

» 続きを読む

2022年2月10日 (木曜日)

ケベックの渋い渋いテナーに浸る

ブルーノート・レーベルはジャズの老舗レーベル。モダン・ジャズの歴史と共に運用してきたレーベルで、ブルーノートのアルバムを押さえるだけでジャズの歴史が判る、と言われるくらいの「ジャズのショーケース」の様なアルバムの品揃えである。そんなレーベルである、様々な「逸話」にはことかかない。 アイク・ケベック(Ike Quebec)は、とっても渋いテナーマン。スウィング時代にサックス奏者として活動を始め、テナ...

キャスパージョン ロングコート

2022年2月 9日 (水曜日)

ボブ・ジェームスの最新ライヴ盤

ボブ・ジェームス(Bob James)は、長年の僕の「フュージョン・ジャズ畑のアイドル」の1人。ボブ・ジェームスの音に出会って、かれこれ48年になる。初めて聴いた盤が『Bob James One』。彼の弾くエレピに惚れ惚れし、彼のアレンジに感じ入った。そして、演奏するミュージシャンは、フュージョンの一流どころ。そんなハイレベルな演奏にウットリである。 Bob James『Feel Like Mak...

» 続きを読む

2022年2月 8日 (火曜日)

「ライオンの狂気」第三弾である

ブルーノート・レーベルには、その音を聴いて驚愕するアルバムが幾枚かある。オーナー&プロデューサーのアルフレッド・ライオンのたっての希望で実現した「ライオンの狂気」と呼ばれるアルバム群。ジャズの原風景である「リズム&ビートの洪水」がメインの内容で、ジャズというよりは、今で言う「ワールド・ミュージック」なアルバム群である。 「ライオンの狂気」と呼ばれるアルバムは、まず、ブルーノートの1554番・155...

» 続きを読む

2022年2月 7日 (月曜日)

遅れてきた「才能」の秀作です

Andrew Hill(アンドリュー・ヒル)は、ブルーノート・レーベルの総帥プロデューサー、アルフレッド・ライオンが見出した「最後の才能」であった。時は1963年、ジャズの多様化とポップ化が進み、ヒルのアーティステックでモーダルなピアノは、あまりに硬派で先進的でウケなかった。 当時から、ライオンは、アンドリュー・ヒルを第一線に送り出せなかったことを後悔しており、1980年代にブルーノートが復活した...

» 続きを読む

«僕なりのジャズ超名盤研究・13

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。     
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 北の快適工房 オデコディープパッチ 8枚入り 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

カテゴリー